記事一覧

ブランドの日本デビュー10周年を記念する「フォーエバーマーク賞」は杏さんが受賞!

デビアス グループのダイヤモンドブランド、フォーエバーマーク(FOREVERMARK)は9月25日、フォーエバーマーク ダイヤモンドのような「永遠の輝き」を備えた方を称える『フォーエバーマーク賞』の授賞式を、アンダーズ東京にて開催しました。
ブランドの日本デビュー10周年を記念する今年の受賞者は、女優・モデルの杏さん。ピアス ブランド受賞の記念として 「永遠のきずな」を象徴するフォーエバーマーク エンコルディア コレクションより、新作“Tight Knot”の特別版ペンダントが贈られました。



ダイヤモンドが誕生石で、ダイヤモンドには親しみがあるという杏さん。
煌めくTight Knotのペンダントを纏って「ダイヤモンドの輝き、そして物質的ではない重み・重厚感を感じます。同時に、肌になじんで色々な場面で一緒にいられるジュエリー。今日はドレスですが、違う格好でも着けられそうです。」とコメント。



2009年のフォーエバーマーク日本発表イベントの時から知るフォーエバーマークについては、「もう10年経つなんて驚きました。本当に良いものを求めるという企業理念は変わっていない。20代だった私も30代となり、ダイヤモンドもより身近な存在になりました。」と語りました。



プライベートでもご家族との強いきずなで知られる杏さんは、ご自身の大切なきずなについて問われると「一人だったら何もせずに終わる一日も、家族という存在がいることで力をもらえる。双子の娘がいるので、同じものをふたつプレゼントできるように、お仕事も頑張りたい。」と笑顔を見せる一幕も。
「物だけではなく、経験やメッセージも含めて、ストーリーを引き継いでいきたい。」とジュエリーに込める想いを語りました。



今回贈呈された“Tight Knot”特別版の中央に輝くのは1.08ct、スクエアシェイプのフォーエバーマーク ブラックレーベル ダイヤモンド。



「ブラックレーベル」 とは、輝きにこだわるフォーエバーマークが、最上級のカットを誇るダイヤモンドにのみ与える称号です。
その輝きについて杏さんは「輝きも素晴らしいですが、スクエアが新鮮な印象。日常の中にも(家など)四角いものがたくさんあって、四角には安心感を感じる。」とラウンドのダイヤモンドとは一味違う魅力を表現していました。

これからの抱負を問われると、「フォーエバーマークと出会ってからこれまでの10年、仕事を続けられたことは恵まれていたと感じます。10年後も、様々な方とのご縁をいただくために、今回の受賞を日々の糧として、一日一日、人として年輪を重ねていきたい。」と語りました。